秋のしもふさクリテ

秋のしもふさクリテinフレンドリーパーク下総

ビギナーⅠ・2組 1位

ビギナー決勝 15位
 
朝起きると激しい雨…
ちょっとくらいの雨なら気にしないけど、結構強く降ってる。
大会のお知らせを見ると一応やるみたい…
うーん、、まぁ行くだけ行くかなぁと。
で、出発するも首都高とか雨が凄くてスピード出せないっっ
これホントにやるのかなぁと思いつつ到着。
ホントにやってる。。。
受け付けを済ませて着替えて試走へ。
雨も小降りなったりたまに晴れ間が見えたり。
 
試走が終わった後に事情によりローラーがないので、近くの一般道で30分くらいアップ。
最初の高負荷に耐えれるよう心拍180以上を2回。
 
○予選8周
なるべく前めを意識して。
最初がキツいと思ったらペースが遅くて大丈夫だったので拍子抜け。
が、ペースが遅いせいか前めにいても次から次にみんな前に上がってくる。
さらに雨もスゴくて視界が悪い。。。コワい。
さっきまで晴れてたのに。。。
ので、安定感のある方の後ろをなるべく走るように心掛ける。
4,5周目くらいに、だったら自分でペース上げちゃえばいいじゃん。ということで先頭にいきペースアップ。
そうしたら先導の方が前に来て少しペースを上げてくれた。
ここで、最後に備えて休憩。
で、ラスト2周で2番手をキープ。
ラスト1周は最後の左カーブで先頭に。
登りが始まるところから早めにダンシング開始してそのまま1位でゴール。
予選でも表彰があるらしく自転車はじめて初の表彰台に!
 
若干、予選で燃え尽きた感があり、集中力が切れたorz
でも、決勝は落車しないようにだけ気を付けて出るだけ出ようと決める。
決勝に行けるとなんか思ってもいなかったのでお昼ご飯なんか買っていない。
なので、早速、景品で間に合わす。
が、ゼリー系ばかりであとあとこれで気持ち悪くなる。
やっぱり噛むものじゃないとダメみたい。
 
○決勝4周
今回も最初はそれほどキツくない。
で、1,2周はそれほど積極性はなく15番目くらい。
またも雨が強くなる。
コーナーごとにイン側に水溜りがあるけどよく見えない。
で、2周目の終りの登りから一気に駆け上がって先頭に。
そのまま逃げようかと思うも力不足。
結構、足を使ってしまった。。。
で、集団復帰するも少し間をあけてしまって体力回復出来ない…
しかも、そのまま最周回になってしまった。
で、最後の左カーブで力尽きて落ちる。
で、一杯抜かれる。
しまいには最後までちゃんと走ろ!とヤジられる。。
が、正確には自分で諦めてしまったのだと思う。
振り返ると、悔しくなる!
 
○総括
1.ちゃんと決勝のことまで考えて走りましょう。
  モチベーションを持続させること!
2.勝ちたい気持ちをもって走りましょう。
  やっぱり予選の時のほうが勝ちたい気持ちが強かった気がする。
  走るからには何が何でもという気持ちが必要!
  それが、最後の底力を生み出すのだと思う。
3.最近やっているダンシングの練習は効果があると思う。
  最後のもうひと踏ん張りのシチュエーションが似ている。
  心拍高くて、足は動かない状態からのスパートが。
  この練習をあと100回くらいやってたら決勝の最後にスパート出来たのだと思う。
  それは、足的にもだし、気持ち的にも。
  ツラくなってから負荷がかけられるようになるのだと思う。
4.タイヤはいい感じ。
  タイヤは全然滑る感じはしなかった。
  まぁコース的にもコーナーが簡単だからか目線だけちゃんとすれば大丈夫だった。
  バイクでSUGOの馬の背を曲がる時の方が数倍怖い。もう乗ってないけど。
5.ブレーキが効かない。
  雨だからアルミリムにしようと思ったけど、変えるのが面倒でカーボンのままいった。
  全くブレーキ効かず。。。
  微調整は出来るもののフロントロックが怖くてあまり思い切ったブレーキは出来なかった。
  ただコース的にあまりブレーキングしなくて大丈夫なコースだったので助かった。
 
またがんばって練習しよう!