パイオニアペダリングモニター

もともとはPower2Maxを使っててパワー計としては不満はなかったのだけど...
変速性能があまり良くないのが気になっていた。
変速しやすいようにFDを調整するとチェーン落ち...
なので変速は少し良くないけどチェーン落ちしないギリギリのところに調整して使ってました。

気を使って変速すれば問題ないレベルなんだけども...
群馬CSCとか何回もフロントを変速するようなコースで
レースでへばっている時にそのへん意識しながら変速できるかというと...自信ない(-_-;)
と、DURAの変速性能を知ってしまっているし...

という事で決断!
Power2Maxを手放してパイオニアペダリングモニターへ!

注文は、サイクルキューブへ。
申込書を書いてクランクを預けて終わり。
クランクは持ち込みだったけど大丈夫でした。

で、3週間くらい経ったので連絡したらパイオニアから届いてるとのことで
早速、キューブへ受け取りに!
取り付け方のレクチャーとか注意点を教えてもらう。(まぁ説明書の通り)

で、取り付け。
左右のチェーンステイにマグネットを付けないといけないのだけど...
チェーンリング側チェーンステイとクランクの隙間が狭い。
ダウンチューブにマグネットをつけても良いのだけど、
そうするとマグネットとセンサーの距離が遠いのでダメ。

うーん、ということでチェーンステイに着いていたチェーンガードを取る
f:id:shupernatural:20140805122534j:plain

で、そこにマグネットを装着。
f:id:shupernatural:20140805122519j:plain

リアランスは1mmあるかどうか...
一応、問題なさそう(*^^)v

反対側は、チェーンステイとクランクアームの隙間が余裕があったので
難なくマグネットの装着完了。

あとは、ペダル角の設定とサイコンとペアリング、校正をして完了。


で、使ってみて...
パワーはPower2Maxの時とほぼ同じ。
実はPower2Maxの値が低かったんじゃないかと淡い期待をしていたが...
そんな事は全くなかった(笑)

ペダリング効率は...まぁ普通。
良からず悪からず。こんなもんかなぁと。
パワーが低いと効率も悪いし、パワーが高いと効率も上がる。
が、だいたい普通くらいと思われる。
送り足、巻き足、引き足を無理やりやればすごく効率もあがるけど...
なんか無理やり感があるだけでこれで早く走れるかというと疑問。
なので、そこまで意識してない。
だからサイコンに表示された結果をみて「ほぅ」と思う程度。

これなら値段によっては Stages Powerで全然十分というのが個人的な感想。

サイコンは...
長くなったのでまた今度(^_^)/